高血圧の原因記事一覧

高血圧とは、心臓から全身に送り出している血液の圧力が基準値以上である状態が続いている事を言いますが、このような状態になる原因には、一体どんな事が考えられるのでしょう。まず、高血圧の原因は大きく「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の二つに分けられています。本態性高血圧とは、原因が特定出来ず、遺伝的な要因や食生活などの生活習慣などが関係しているとされているものです。高血圧の大部分が、この原因不明の本態性...

特定の病気を持っている人は、その合併症として高血圧になりやすい傾向があります。具体的には、腎性高血圧、内分泌性高血圧、心血管性高血圧、神経性高血圧などの病を持っている人は高血圧になりやすいです。また、加齢によっても高血圧のリスクは高くなります。一般的には、60歳を超えた人は高血圧になりやすいと言われており、60歳以上の人の高血圧を老年者型高血圧と分類した呼び方もあります。他には、遺伝的に高血圧にな...

高血圧と塩分の関係性には、どのようなものがあるのでしょう。「塩分を摂りすぎると、高血圧になる」と言うのを聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?それでは、なぜ塩分と高血圧は深い関係があるのでしょう。塩分の成分は主にナトリウムなのですが、これを摂りすぎることによって、細胞内のナトリウム濃度が上がってしまいます。細胞内のナトリウム濃度を下げるためには、水分を細胞外から取り込まなければなりません。...

高血圧と塩分には、どのような関係があるのでしょうか?「高血圧に塩分は良くない」とよくいわれますが、日本人が塩分を好んでたくさん摂っている事はよく知られています。世界保健機関が定めている1日の塩分の摂取量は5〜6グラムですが、日本人の塩分の摂取量は10〜11グラムと、倍くらいの数値になっています。高血圧の人はみんな塩分の摂り過ぎが原因になっているとはいえませんが、全く無関係ということもないでしょう。...

高血圧とアルコールには、どのような関係があるのでしょうか?普通、高血圧を治療する場合は、アルコールの摂取制限をされることがほとんどです。また、日常的にお酒を飲む人とお酒を飲まない人を比較すると、お酒を飲む人の方が高血圧になる確率が高いというデータが出ています。それに、たくさんのお酒を長期的に飲んでいると、不整脈を起こし、心不全や心臓肥大の原因にもなる事もあります。しかし、アルコールが血管や心臓に及...