高血圧と塩分の関係性とは?

高血圧と塩分の関係性には、どのようなものがあるのでしょう。
「塩分を摂りすぎると、高血圧になる」と言うのを聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?それでは、なぜ塩分と高血圧は深い関係があるのでしょう。
塩分の成分は主にナトリウムなのですが、これを摂りすぎることによって、細胞内のナトリウム濃度が上がってしまいます。
細胞内のナトリウム濃度を下げるためには、水分を細胞外から取り込まなければなりません。
そうやって、細胞内のナトリウム濃度を下げ、常に均等に保つ作用が働いているのです。
細胞内に水分が多くなると、今度は血液の水分量が減ってしまいます。
すると、今度は水分を要求する作用が働きます。
この作用が働くことで、血液量は増え、血圧が上がります。
ナトリウムの濃度が高い状態が続くと、腎臓の排出機能に遅れが出てきます。
血液中のナトリウムの濃度を下げるためには、水分が必要です。
水分量が増えると、血圧が上がります。
血圧が上がれば、水分と塩分を腎臓から排出しやすくなります。
遺伝により高血圧になる場合も多いですが、塩分を摂りすぎることによって血圧が上がることは、はっきりしています。
高血圧になるには、遺伝的な要因も多いものの、塩分の摂取を控えることは、血圧の上昇を防ぐことにもなります。
高血圧の予防のためにも、塩分の摂りすぎには注意した方が良いと言えるでしょう。

関連ページ

高血圧になる原因とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧になりやすい人って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧とアルコールの関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?