高血圧になりやすい人って?

特定の病気を持っている人は、その合併症として高血圧になりやすい傾向があります。
具体的には、腎性高血圧、内分泌性高血圧、心血管性高血圧、神経性高血圧などの病を持っている人は高血圧になりやすいです。
また、加齢によっても高血圧のリスクは高くなります。
一般的には、60歳を超えた人は高血圧になりやすいと言われており、60歳以上の人の高血圧を老年者型高血圧と分類した呼び方もあります。
他には、遺伝的に高血圧になりやすい体質と言うものもあります。
しかし、日本人の高血圧患者の殆どは、その原因が生活習慣にあるといわれています。
つまり、生活習慣が悪い人は高血圧になりやすいということになります。
では、具体的にはどんな生活習慣の人がなりやすいのでしょう?

 

・日常的に塩分の多い食事をしている。
・高カロリー食・運動不足・ストレスなど様々な要因で肥満体型の人。
・適正値を越えた過度の飲酒を頻繁にしている人。
・喫煙している人。

 

このように、高血圧と診断された場合に改善すべきとされる生活習慣をしている人は皆、高血圧になりやすいと言うことになります。
一般的な社会人の殆どは、何かしら心当たりがあることでしょう。
ついつい外食が多くなる・つい味付けの濃いものばかり食べてしまう・つい間食してしまう・なかなか日常的に運動が出来ない・常に何らかのストレスを抱えている・つい深酒をしてしまう・寝酒が習慣となり量が徐々に増えている・喫煙習慣がある。
このような心当たりがある人は皆、高血圧予備軍と言えます。

関連ページ

高血圧になる原因とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係性とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧と塩分の関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧とアルコールの関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?