人気の血圧計はどこのメーカー?

家庭でも測れる血圧計は、今や生活習慣病の代表ともいえる高血圧が身近な病気であるとともに、毎日の生活で血圧の具合が分かることによって体調管理や健康管理ができることから、需要が高まっています。
その血圧計ですが、手首を差し込んで簡単に測れるタイプ、自分で圧迫帯を巻いて測るタイプ、腕を入れて測る平置きタイプの三種類があります。
手首で測るタイプは、手軽にいつでも血圧を測ることができますが、正確性にいまいち欠けます。
圧迫帯を腕に巻くタイプは、正確さはまずまずで値段も手ごろですが、圧迫帯の巻き方によって測り具合が違ってきます。
平置きタイプはよく病院などで使われているもので、腕を入れることによって適度な姿勢で測ることができ、一番正確に測ることができます。
家庭用の血圧計を販売しているメーカーは主に、オムロン、テルモ、パナソニック、シチズンなどが挙げられます。
正確さや価格の手ごろさなどを総合的に見て購入しやすいのは、圧迫帯を腕に巻くタイプでしょう。
オムロンHEM−7250−ITやHEM−7200、HEM−8723、パナソニックEW−BU15−W、EW−BU55−Wあたりが人気がある商品です。
価格はいずれもおおよそ1万円前後で購入できるものが多く、重量も軽量で、きちんと圧迫帯が巻かれていないと教えてくれる機能など、付加機能も多様で人気があります。
平置きタイプでは、オムロンHEM−1020、HEM−1010、HEM−1025、テルモ ES−P2000BRあたりが人気です。
測定時の姿勢のチェックや腕の太さに合わせて正確に測定できる機能などが付いており、15000円以下で購入できます。
手首で測るタイプでは、オムロンHEM−6022、HEM−6051、パナソニックEW−BW10が人気のようです。
値段が手ごろでおおよそ5000円以下で購入できるものがほとんどで、非常に軽くていつでもどこでも使いやすいのが人気の理由です。