白衣高血圧症とは?

白衣高血圧症って、ご存じでしょうか?ただの高血圧症なら、ほとんどの人が知っていると思いますが、白衣高血圧症は知らない人も多くいると思います。
では、この白衣高血圧症とは、どのような病気を言うのでしょうか?「高血圧症」と言うからには、血圧が高いことを意味するのでしょうが、白衣って何?って思いますよね。
この白衣とは、お医者さん(病院)のことなのです。
「家で測定すると正常の血圧なのに、病院で測ると高めの数値が出る」という話を聞いたことはありませんか?診察の時、医師の前に座ると緊張してしまったり、病院で待ち時間の間にイライラしたり、不安になったり、興奮してしまったり・・・。
様々な原因によって、いつもとは違う精神状態になってしまうことも少なくないですよね。
そして、その結果、通常よりも血圧が高く計測されることがあります。
白衣高血圧症とは、精神的な変化で、血圧が上がることを言います。
しかし、白衣高血圧症は、決して希なことではないようです。
病院に来る・医師の前に出ると、血圧が上がる人って意外に多いみたいなんです。
でも、緊張する時だけ高いからいいやってことにはなりません。
そういう場合は、どういう時に血圧が上がるのかを、注意して血圧を記録していくと良いでしょう。
それに、血圧を上げないための食生活の改善や、生活習慣の見直しを行う必要もあります。
不安や緊張を強く感じすぎてしまう人は、抗不安薬などが効果的かもしれません。
今後、血圧が上がりっぱなしにならないようにすることが大切です。

関連ページ

高血圧が関連する病気とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
うつ病と高血圧の関係って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?