降圧薬は副作用がある?

高血圧症状の人は日本国内におよそ4000万人いると言われ、いまや生活習慣病の代表的な病気であると言えます。
しかし、高血圧はなかなか主だった症状が出ないため、治療を行っていない人がほとんどです。
この高血圧を放っておくと、いずれ心疾患や脳疾患を引き起こし、命を落としかねません。
そうならないためにも早期に治療を始め、継続的に行っていかなければならないのです。
血圧を下げるためには、まず生活習慣の改善から始め、運動療法や食事療法などで血圧を下げることを目指します。
そして、糖尿病などの合併症などが現れた場合や医師の判断で薬物療法を行う場合もあります。
薬物療法では降圧薬を使用し、さまざまな種類の中からその人の症状に合った薬を医師の処方のもとで服用します。
実際、高血圧を治療している人のおよそ8割の人がこの降圧薬で血圧を下げているのが現状です。
降圧薬は一時的に血圧を下げる薬で、一回飲んだからと言って血圧が下がっているのを維持できるというものではありません。
ですので、薬物療法を始めるとほとんどの場合が長期服用になります。
長期服用となると、気になるのが降圧薬による副作用です。
過去に降圧薬によって重い副作用に見舞われたという事例はないようですが、軽い症状だと頭痛や咳の症状があるようです。
また、降圧薬を服用するとどうしても血流が悪くなってしまうので、めまいや動悸、だるさ、ほてりやむくみなどの症状が出る場合もあります。
さらに、降圧薬を長期服用することによって、将来認知症にになる確率が服用していない人に比べて高くなるという調査結果も出ています。

関連ページ

高血圧の様々な治療方法とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●血圧を下げるのに効果があるツボがある?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧は薬を飲んだほうが良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果のある薬とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●高血圧には運動が大切?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
●高血圧に効くサプリメントとは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?