コレステロールについて記事一覧

コレステロールは血中脂質のことを指し、二つの種類があるのですが、ご存知でしたか?普段はコレステロールと一まとめに言うことが多いのですが、実際にはLDLコレステロールとHDLコレステロールの二種類があります。コレステロールは、血液の中に存在し、血液とともに体内を移動しています。LDLコレステロールは、一般的に悪玉コレステロールと言われているコレステロールで、肝臓から出発して全身へ向かい、血管の壁に溜...

コレステロールは溜まりすぎることで、大きな病気を引き起こす可能性があることが知られているために、コレステロール自体に悪い印象をもたれている方も多いことでしょう。しかし、コレステロールは、人間の身体を機能させるためには、欠かせない存在なのです。コレステロールは脂肪の一種で、体中の数多くの細胞を包む細胞膜を強化して、免疫力を高める働きをしているだけでなく、脳の中の神経細胞でも働き、脳から身体の各器官に...

コレステロールは、有害な成分だと思われがちです。しかし、実際にはコレステロールとは脂質の一種で、健康な体を維持するためには欠かせない成分なのです。細胞膜やホルモンなどの原料になります。また、血管の内側に付着して、血管の保護を行う働きがあります。丈夫な血管を作るためには欠かせない成分です。ただ、コレステロールが高い状態が続くと、血管の内側にコレステロールが過剰に付着していきます。すると、血管が狭くな...

コレステロールが高いことで引き起こされる病気には、動脈硬化があります。コレステロールの値が高くなると血管の内側の壁に溜まっていくと言われており、特に心臓や脳といった主要となっている太い動脈でこの症状は起こります。血管内側の壁にコレステロールが溜まると、カルシウムなども溜まるようになり、血管が硬くなる動脈硬化という病気を引き起こすのです。さらに、動脈硬化になってしまうと、様々な他の病気を招いてしまう...

コレステロールの多い食品って、どんなものがあると思いますか?コレステロールの多い食品の代表としては、卵が挙げられます。特に鶏卵の卵黄は100gあたりに1400mgもコレステロールが含まれており、他の食材と比較してもコレステロールの含有量が高くなっています。続いてコレステロールの多い食材としては、ピータンがあります。中華料理などでよく利用されるピータンは、常に食卓に並ぶというような食材ではありません...

コレステロールと中性脂肪の違いって、何なのでしょうか?コレステロールは脂肪の一種、中性脂肪も同じく脂肪の一種です。しかし、同じ脂肪ではあるものの、その働きは違います。まず、コレステロールの働きですが、コレステロールは体内を構成する脂肪成分です。細胞膜の構成成分でもあり、ステロイドホルモンやその他のホルモンの材料になります。胆汁酸やビタミンDなどの材料にもなり、主に肝臓で合成されています。また、コレ...