コレステロールが高い人の食事

コレステロールを下げるには、普段から食べている食事の内容が重要になります。
人間の体には、LCLコレステロールとHDLコレステロールという二種が存在します。
健康診断などてはLDLコレステロールとHDLコレステロールの合計が血中のコレステロールの濃度として扱われています。
LDLコレステロールは、悪玉コレステロールという名称でも呼ばれているようです。
コレステロール量によっては食事制限をしなければなりません。
低タンパク高脂質であることが、LDLコレステロールの特徴的なところだといいます。
血液中のLDLが多すぎると高コレステロール血症という状態になり、動脈硬化、心筋梗塞など一命に関わる事態になりかねません。
油脂を多く含む食事をよくしている人は、悪玉コレステロールが多いことが少なくないようです。
血液内のコレステロールが多くなる要因としては、肉や油を使う料理をよく食べることがあります。
これに対して、血液中に多くのコレステロールがあっても、善玉コレステロールであれば無問題です。
心筋梗塞や動脈硬化の予防効果が、善玉コレステロールにはあるともいいます。
健康や美容を意識した食生活をしたいならば、善玉コレステロールの多いオリーブオイルや背の青い魚を食事に組み込みましょう。

関連ページ

コレステロールを下げるには?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
運動するとコレステロールは減っていく?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと食事の関係
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールを下げる食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
不飽和脂肪酸とコレステロールの関係性って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?