不飽和脂肪酸とコレステロールの関係性って?

不飽和脂肪酸には、コレステロールを下げる働きがあると言われています。
そもそも不飽和脂肪酸というものは、人間が生成することのできない成分であると言われており、食品から摂取しなくてはいけない脂質です。
不飽和脂肪酸は、基本的に多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の二種類があります。
多価不飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸の中でもコレステロールを下げる働きが高いと言われていますが、悪玉コレステロールも善玉コレステロールも両方減らしてしまう特徴があり、多価不飽和脂肪酸の摂取の量には気をつけなくてはいけません。
一方、一価不飽和脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸のように善玉コレステロールまで減らしてしまうということはなく、悪玉コレステロールだけを減らすことができるようです。
不飽和脂肪酸は、コレステロールを下げる働きをもっているものの、摂取しすぎると肥満やアレルギー疾患を引き起こしやすくなるだけでなく、乳がんや前立腺がんなど重篤な病気を引き起こす可能性もあります。
しかし、不飽和脂肪酸が不足しすぎてしまうと、発育不良や皮膚炎などを引き起こすことがあるだけでなく、コレステロールを下げることができなくなり、溜まったコレステロールにより動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの病気を起こしてしまう可能性もあるのです。
そのため、バランス良く食事をとり、不飽和脂肪酸とコレステロールをコントロールする必要があると言えるのではないでしょうか。

関連ページ

コレステロールを下げるには?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
運動するとコレステロールは減っていく?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールと食事の関係
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールが高い人の食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
コレステロールを下げる食事
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?