高脂血症の症状

近年、世界的に肥満が問題となっています。
特に先進国において肥満の割合が高く、アメリカやヨーロッパなどでは10代の頃はスリムな体をしているのに20代から徐々に肥満になり始め、中高年になるとほとんどの人が肥満になるといった状況になっています。
肥満になると恐ろしいのが成人病です。
特に肥満の場合コレステロール値や中性脂肪が高くなってしまいますので高脂血症になってしまいます。
その結果、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などにかかってしまい、多くの人が命を失っています。
この高脂血症は自覚症状が無いのが問題とされています。
多くの病気の場合、自覚症状があらかじめ発症しますので気がつけば病院に行くことが出来ますが、この高脂血症の場合、知らないうちに進行し、症状が現れた際は既に時遅し、最悪の場合命を落としてしまいます。
ある日突然命をおそわれる危険性があるのです。
しかしながら、自覚症状が無いと言えども、様々な方法で危険性を知ることが出来ます。
勿論肥満もそのバロメーターの一つですし、最近では簡単に健康診断を受けることができますので、コレステロール値や中性脂肪の量を知ることが出来ます。
しかも、定期的に受診していればその値が徐々に増加していくのを知ることが出来ますので自分で自覚することが出来ますので治療を行うことが出来ます。
でも、人間は欲望に負けてしまうのか、なかなか治療・改善できないのが死亡原因を見てもよく分かります。
自覚症状が無いからと言って手をこまねくのではなく、自分の為にも家族のためにも頑張って治療しましょう。

関連ページ

高脂血症とはどんな状態?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症とは
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症のガイドライン
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?