高脂血症とは

人間にとって食事はエネルギー吸収に欠かせないものですが、人が生きる喜びを得るためにも食事は重要です。
誰でも美味しい物を食べたいという欲求はありますよね。
でも、毎日美味しい物ばかり食べていては栄養が偏ってしまい、体に異常をきたしてしまいます。
特に近年メタボと言う言葉を良く耳にするようになってきましたが、栄養のあるものばかりを食べてしまうと皮下脂肪や内臓脂肪が増加してしまいます。
それ以上に美味しい物を取りすぎると高脂血症になってしまいます。
高脂血症とは血液中の脂質の割合が増加してしまう症状で、コレステロールや中性脂肪の多い状態を指します。
血液中の脂質はコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類が含まれていますが、コレステロールが動脈硬化の原因となり、血液の流れを遮断してしまい、脳梗塞や心筋梗塞の原因となってしまいます。
また、中性脂肪は直接的には動脈硬化を引き起こしませんが、中性脂肪が増えると善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールを増加させてしまいますので、やはり問題となります。
高脂血症は食事によって引き起こされますので、コレステロールを上げる食事やコレステロールを多く含む食事を控える必要があります。
これらや脂肪を多く含む食事や糖分を含む食品に多く含まれていますので、コレステロール値が高い人はこれらを避け、コレステロールを減少させる野菜や海草類、きのこ類を多く取る必要があります。
高脂血症は発症すると取り返しのつかない病気です。
症状が出る前に食事で改善しましょう。

関連ページ

高脂血症とはどんな状態?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症の症状
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症のガイドライン
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?