高脂血症の治療

30代になると健康診断を頻繁に受けるようになります。
健康な人は特に心配する必要がありませんが、肥満気味の人だったり、お酒を良く飲む人は健康診断の際に要検討等と注意を促されます。
ほとんどの人が健康診断で注意されるのがコレステロール値もしくは中性脂肪ではないでしょうか?
これらはアメリカやヨーロッパを中心として肥満気味の人が多い国で特に問題となるものですが、近年日本の食生活も欧米スタイルに変わりつつあり、脂肪分を含む肉や揚げ物、糖分の高いお菓子などを食べるようになって、高脂血症が問題となりつつあります。
高脂血症とは血液中に脂質、特にコレステロールが多く含まれている場合、酸化し、血管の内側に堆積することで動脈硬化を引き起こします。
その結果、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞等になりやすくなります。
実際に日本人の3大死因の一つも高脂血症から引き起こされる脳血管疾患です。
この高脂血症は健康診断での結果以外では自分で自覚することが出来ず、現れたときは既に手遅れとなります。
従って、健康診断で要注意の結果が出たらすぐにでも治療を行う必要があります。
高脂血症の治療方法は薬物療法と食事療法に分類することが出来ます。
薬物療法なら即効性がありますが、食生活を根本から変えなくては改善出することが出来ません。
従って両方を併用して行う必要があります。
それほど早急に治療する必要がなければコレステロール値を下げるような食生活を行ったり、適度な運動を毎日持続して行うことが良いでしょう。
手遅れになる前に治療を始めましょう。

関連ページ

高脂血症の予防
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症を改善するには?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?