高脂血症の予防

ある程度の年齢になると悩まされるのが高脂血症です。
高脂血症とは俗に言うコレステロール値の高い症状で、それに加え、中性脂肪も値が高い人も高脂血症の予備軍であると言えます。
高脂血症とは血液中の脂質が増える症状で、特にコレステロールは酸化されるとドロドロとした血液になり、血管内側にべっとりと堆積し、血液の流れを阻害するため大変問題となります。
その結果脳卒中や心筋梗塞といった恐ろしい病気につながります。
従って、できるだけコレステロール値を上げないような生活習慣を送る必要があります。
高脂血症で重要なことは、治療を行うと言うよりは予防に力を入れることです。
体調不良等の自覚症状が全くありませんので、健康診断の結果のみしか高脂血症かどうかは判断できません。
従って、ある日突然倒れる前に、コレステロール値を上げない予防が必要となってきます。
高脂血症は肥満と密接に関わっており、食事が大きく関係しています。
コレステロールの高い卵等を控え、コレステロールを下げると言われている野菜や海草類、また、コレステロールの酸化を防止するビタミンなど、バランスのとれた食事をする必要があります。
重要なことは脂を多く含んだ肉類ばかり食べるのではなく様々な種類の食事をバランス良くとることです。
また、適度な運動も重要です。
余分な皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させ、健康な体調管理も高脂血症の予防となります。
コレステロール値が高い人はもとより、中高年となり、偏食気味だと感じたら予防策をとりましょう。

関連ページ

高脂血症を改善するには?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高脂血症の治療
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?