なぜ高血圧だとまずいのか?

血圧が高いと健康によくないと言う事は、多分、皆さん御存知の事だと思います。
けれど、実際に自分が高血圧になってしまっても、なんとなく大丈夫だと思ってはいませんか?それでは、どうして高血圧だといけないのでしょう。
まず、血圧が高くなると、血管の壁に普段以上の圧力がかかります。
すると、その圧力に耐えようとして動脈の血管の壁が厚くなっていき、次第に血液の通り道も狭くなっていきます。
そこにコレステロールなどの脂質がたまり、更に血液の通り道が狭くなると言う悪循環に陥り、結果として血管が硬くなる「動脈硬化」になっていくのです。
この動脈硬化をそのままにしておくと、脳や心臓、腎臓といった身体の重要な臓器部分が大きなダメージを受けて、脳卒中、心筋梗塞、腎臓病(腎硬化症)といった病気の原因になるのです。
また、血管が硬くなると、血液を全身に送り出している心臓にも、通常よりも余分な負担が掛かる為に、心臓の筋肉が肥大化していき、心臓の働きも低下していきます。
日本人の死亡原因の第1位はガンですが、第2位と第3位は心臓疾患と脳卒中となっています。
つまり、高血圧が引き金となって起きる病気は、生命に関わるような重大な病気になる事が多いのです。
これが、高血圧が怖いと言われている理由です。
健康診断などで血圧が高めだと言われた場合には、今後の生活等に十分に注意するようにして下さい。

関連ページ

高血圧が続くとどうなる?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?