高脂血症の食事療法

日本人の多くの人が高脂血症に悩んでいます。
高脂血症の人とは、健康診断の際にコレステロールや中性脂肪が高いと言われたことがある人があてはまりますが、自覚症状が無いためあまり関心が無い人が多いようです。
肥満気味の人は非常になりやすく、放っておくと脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化を引き起こし、死に繋がる恐ろしい症状です。
従って、コレステロールが高いと診断されたら、事前に何らかの対処をしなくてはなりません。
高脂血症の治療方法には薬物療法と食事療法があり、前者は早急に対応しなくてはならない末期の人が行う治療方法ですが、健康診断等でそれほど重度なコレステロール値では無かった人は後者の食事療法を行うことになります。
食事療法とはコレステロールが高い食品や、コレステロールを高める食品を極力減らし、逆にコレステロール値を低下させる食事を多くとる方法です。
コレステロールが高い食品としては卵が代表され、肉類、するめ、魚の卵もコレステロールが高いとされています。
一方コレステロールが低い食べ物は野菜や海草を中心とした食物繊維の豊富なものが良いとされています。
また不飽和脂肪酸を多く含むオリーブ脂やさんま、いわし、さばなどの青魚を摂取するとコレステロールを下げる働きがあります。
ビタミンを多く摂取するとこれストロールが酸化するのを防ぐとされていますのでかぼちゃやピーマンなども良いでしょう。
しかしながら、コレステロールが高い食品と言えども体に必要な栄養素を含んでいる場合もあるため、採りすぎない範囲で摂取する必要はあります。
何よりも重要なことは偏食を避け、バランスある食生活を送ることではないでしょうか。

関連ページ

高脂血症対策のレシピ
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?