高血圧のときに食べてはいけないものって?

高血圧の時に食べてはいけないものは、塩分の多い物、味付けの濃い物というのはよく知られています。
高血圧の人に限らず、ラーメンやうどん、ソバなどのスープやつゆを全て飲むと、すごい塩分を摂る事になるので、スープ類は残すようにしましょう。
また、味の濃い物も高血圧には良くないですが、高血圧だからといって、極端に味の薄い食事を作らない事も大切です。
高血圧の人の全員がそうではないと思いますが、血圧の高い人には濃い味の食事が好きな人が多いのです。
味が濃い=美味しいとなってしまっているのですね。
味が濃い食事が好きで、それに慣れている人に、極端に味の薄い食事をいきなり作っても、結局はしょう油や塩などをかけて食べてしまうので、塩分を余分に摂ってしまいます。
それでは、せっかくの減塩食が、無駄になりますよね。
ですから、少しずつ薄味の食事に慣れてもらうように、徐々に調味料の量を減らしたり、普通の醤油から減塩しょう油に変えてみたり、濃い目の天然だしを取ったりしてみるのが良いと思います。
だし汁でも、市販のだしを使うのではなく、きちんと天然だしを取るようにしてみると塩分が控え目になります。
天然だしを濃い目に取る事によって風味も増しますし、汁物や煮物の味付けを薄味にしても美味しく食べる事が出来るでしょう。
さらに、レモンや酢などの酸味やゆず、しそなどの香り、唐辛子、こしょう、わさびなどの香辛料を使う事で、塩分が少ない味付けでも、満足のいく食事が摂れるようになります。

関連ページ

血圧を下げるための食事って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に適した食事療法って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧を治療するのに効果的な食事とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
トマトは高血圧予防に良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果的なお茶って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
塩分を摂ると血圧が上がるってホント?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?