高血圧を治療するのに効果的な食事とは?

食生活などの生活習慣が高血圧の原因になっている方の中には、食事療法で高血圧を改善しようと考えている方も多いでしょう。
実際、高血圧の改善には食事療法が最も有効な手段のひとつだと言われています。
それでは、高血圧を治療する為の効果的な食事には、一体どんなものがあるのでしょう。
まず、高血圧の食事療法と言えば、とにかく塩分を控えることです。
高血圧の場合には、一日の食塩摂取量は6g未満が望ましいと言われていますが、日本人の一日の食塩摂取量は平均で13g程度になっています。
これを半分の量にする必要があるので、かなりの薄味を覚悟しなければなりません。
また、塩分は味噌、醤油、ソースなどの調味料や加工食品にも多く含まれていますので、塩分の管理には十分に注意が必要です。
また、大豆タンパクにはコレステロールを低下させる働きがあると同時に、植物性脂肪や食物繊維も摂取する事が出来ます。
豆乳や納豆、豆腐などの大豆食品を積極的に摂取すると良いでしょう。
血液がサラサラの状態になると、血管の流れもスムーズになるので、自ずと血圧も下がります。
魚や海藻、酢などを毎日の食事に取り入れて下さい。
それに、肉中心の食事から、たっぷりとした野菜中心の食事に変更する事で、ドロドロだった血液も段々とサラサラな状態に変化していくでしょう。
高血圧の方の多くは肥満であるケースが多いと思いますが、体重を10kg程度落とす事によって、かなりの血圧低下が期待出来ます。
ダイエットの為にも、栄養バランスの整った食事をする事が大切です。

関連ページ

血圧を下げるための食事って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に適した食事療法って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
トマトは高血圧予防に良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧のときに食べてはいけないものって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果的なお茶って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
塩分を摂ると血圧が上がるってホント?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?