塩分を摂ると血圧が上がるってホント?

塩分は取りすぎると血圧を高める作用があることが、今では広く認知されています。
そして、スーパーなどの食品売り場で、減塩しょうゆや減塩味噌といった減塩食品が数多く売られているのをよく見かける人も多いと思います。
そもそも高血圧と塩分にはどのような関係があるのでしょうか。
塩分は人間にとって、必要不可欠なものですね。
でも、塩分には筋肉を収縮させる作用があり、体内の塩分が増えると体のあらゆる筋肉がそれに反応してしまいます。
それは、血管の壁のわずかな筋肉にも及び、血管を収縮させてしまうのです。
また、塩分には血液中の水分を増やす作用もあり、塩分が増えることで血液量も増えます。
すると、血液を送り出す圧力も強くなるので、その結果として塩分を取りすぎると血圧が上昇するという仕組みになるのです。
ですが、人間の体というのは、血液中の塩分濃度を一定に保つことができるような仕組みがあり、塩分を取りすぎると汗や尿として排出し、足りなければ塩分を逃さないような働きをします。
塩分の摂取が原因で血圧が上がるかどうかは、腎臓の塩分排出機能によって大きく左右され、それは体質や遺伝的な要素が大きく関わりそれぞれ個人差があります。
具体的にどのように分かれるのかというと、塩分の摂取によって血圧が上昇し、減塩すると血圧が下降する「食塩感受性」という人と、摂取する塩分量が血圧にまったく反映しない「食塩非感受性」という人に分かれます。
なので、一概に塩分を取りすぎているからといって、必ずしも血圧が上昇するというわけではなく、体質によっては塩分が原因にはなりえないのです。

関連ページ

血圧を下げるための食事って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に適した食事療法って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧を治療するのに効果的な食事とは?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
トマトは高血圧予防に良い?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧のときに食べてはいけないものって?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?
高血圧に効果的なお茶って?
高血圧とは生活習慣病の1つと言われていて、血圧が上昇した状態のことを指します。それ自体に重い症状はありませんが、さまざまな合併症を引き起こすのです。なかには死に至るものが多く存在します。一度生活習慣を見直してみませんか?